キャリアを考えた働き方 看護師としてキャリアを構築するには

病院勤務のキャリアを活かす道

医療に執心して病院で働いていきたいと考えてきた看護師も、思いとどまってしまう時がある。病院勤務の看護師はスケジュール的に厳しくなりがちであり、不規則な生活を余儀なくされるケースが多い。日勤のみや土日勤務なしの採用も行われるようになってきたが、現場で満足に働けないことに不満を抱く看護師も少なくないのだ。
家庭生活を重視したくなると、どうしても勤務スケジュールの厳しさが不安になってしまいがちである。そのため、病院で働き続けるのを思いとどまる看護師は多い。最終的に、医療に対する意識は高いものの、病院以外で働く道を模索することになるのだ。しかし、病院勤務で構築してきたキャリアを活かしたいと考えるのが常である。その結果として選ばれるようになってきたのが、訪問看護師として働く道だ。
訪問看護は、医療現場での経験が直接的に活かせるのが特徴である。スキル面でもメンタル面でも、病院で働いてきたキャリアが役に立つだろう。医師のいない状態で判断をしなければならないケースでは、医療に携わってきてつけた知識や判断力が有効に利用できる。また、ターミナルケアが多くなるため、死期に面してしまう場合も多く、医療現場でそれに慣れてきた経験は強い力になるのだ。勤務時間についても、余裕を持って働ける職場が多いため、女性看護師にとって仕事を続けやすい選択肢なのである。このため、病院で構築してきたキャリアを活かす道として、訪問看護が着実に選ばれるようになってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です