キャリアを考えた働き方 看護師としてキャリアを構築するには

仕事も家庭も大切にしながら

看護師の資格を取得しようと考えた用意周到な女性の多くは、働きやすい職場で長く働きたいという願望を持っている。就職や復職・再就職において不利になりがちな社会状況がある中で、看護師の資格は仕事を続けていくために有利だからだ。その事実を知って資格を取得した人は、特に働き続ける気持ちが強い。そして、常勤で働き続けられるようにキャリア構築を怠らない前向きな姿勢を持っていることが多いといえる。
そのような人は、離職しなければならない時期がきてしまう前に、できる限りのスキル習得を行う。現場経験をしっかりと積んで将来に備えたり、復職がしやすい職場を選んだりする周到さがあるようだ。しかし、結婚して家庭を持ってみると、女性として家庭にも寄与したいと考えるケースも少なくない。そう思い立ったときは常勤にこだわらず、働く道を考えるのも賢明である。看護師には非常にさまざまな働き方もあるのが事実であり、どれも需要が高い働き方となっている。常勤では時間的拘束が長くても、働き方を選べば自由度が得られ、家庭に寄与する余裕が生まれてくるだろう。
どの場合にも、常勤採用に比べると現場で戦力になる点が重視されやすい。そのため、周到に構築してきたキャリアが生かせる道であり、それを生かして採用される可能性が高い職場を選ぶことだ。そうすれば、それまでの努力を無駄にすることなく、仕事も家庭も大切にしながら働き続けることができる。資格もキャリアも有効活用する女性の働き方として、考慮してみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です